<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

232日目

magoで吹くにも、何故か音が二重になる。
どっかで、漏れているのかな?
二重になるから全てダブった音。
どこが悪いのだろうか。
やはり口の締まり?

magoを久しぶりに見ると、
小さな亀裂が増えていた。
アマニオイルを塗り込んだが、
そろそろ濡れタオルを用意しなければならないかも。
乾燥との戦いですなぁ。
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-31 08:00 | Comments(2)

231日目

magoで15分、基本的な吹き方をする。
まだきちんと口に締まりがなく、
舌も動かず、
練習していないと、この部分が動かない事がわかる。
もどかしい。
5分ちぃちゃんを吹く。
こちらももどかしいまま。
きちんと練習する事は必要だ。
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-30 08:00 | Comments(2)

230日目

今朝は久しぶりにちぃちゃんでDupの練習。
未だにツゥースの違いが分らない。
口をつけるのが強くなるから、
軽く付けてやっているが、
どうも私のdupは違うような気がする。
その感覚すら今だ掴めず。
今日はそれで10分練習した。

体が回復したら、もう少し長めに練習しょうと思う。
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-29 08:00 | Comments(0)

致命的

ディジュを吹くのに、風邪は致命傷ですね。
薬を飲んだから、鼻水は止ったので、
mago10分だけ吹いてみた。
しかし、空気に力出ず(TT)
早く治さねば!

*ディジュリドゥ関係ライブメモ*
10月28日DEWACHEN上屋劇場

11月4日豆輪(まめわ)@Vi-code

11月17日Dechambo@Vi-code

11月18日HITO@神戸カタカムナ
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-26 08:00 | Comments(2)

229日目

magoで20分程。
吹き口に口を押しあてて吹く癖を何とか直したいと、
軽くあてる程度にする。
magoの吹き口が大きいので、少し空気が漏れるが、
蜜蝋を塗るのはやはり苦手なので、
何とか漏れない程度にして、吹く。
だいぶ、喋るように..とか、
溜め息くらいの空気の量とか、
何となくだが分るようになったと思う。

口で言う癖を付けて、地味な作業を今日も頑張ろう。
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-25 08:00 | Comments(2)

228日目

昨日は練習していない。

『吹きたくない時は吹かなくても良い。
吹きたくなったらまた吹けば良い。』
-HITO氏談-

吹きたくない日はないけれど、
吹く時間がなかなか取れなくて、
慌てて吹いても意味がないので、
吹かない。
今日は30分magoを吹いた。
最近の吹き心地は良い。
もう少し口の練習しないといけない。

目標が一つ出来た。
来年9月に北海道を旅する予定なので、
ディジュを持って行くが、
その時までに、Dupは出来るように。
本来の目標『モエレ沼公園で吹きたい!』
私の好きなノグチイサムの設計した公園だ。
プレイマウンテンのてっぺんでディジュ吹きたいのです。
ある程度Milkay氏のアルバムから、出来るようになっていたい。
1年先の話だが、
1年ってあっという間だと最近感じるのは、年のせいか?
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-24 08:00 | Comments(2)

227日目

田舎から戻ってきたので、
17時過ぎから30分magoを吹く時間が出来た。
milkay氏のアルバムを聞きながら、
口で言って、吹いてみる。
やはり早くなると循環も追いつかないし、
口で言えないという事は、吹けないという事がよく分かる。
Dupは未だに全く出来ない。
トゥースになってしまう。
magoは吹き口が大きいので、出来ないのかな?
イダキは1本欲しいので〜手に入ったらチャレンジしてみようと思うが...

今は口で言うのを癖付ける練習の方が先だな。
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-22 18:00 | Comments(2)

Loop Roots の前回のワークショップを受けて、
非常に為になったので、今回も参加。
開場は1時半。
講演は2時から。
大阪市住吉人権文化センターは、
初めてでやはり神戸からだと遠かった。
取りあえず、magoちゃんも担いでいったが、必要なかった。
よって...今日は練習していません!

前半はアボリジニの音楽について...
前回WSで教えて下さった小林さんと、出口さんと、Giriさん説明と演奏。
彼らがアーネムランドへ旅した写真や地図を見ながらなので、
非常に分りやすかった。
活字が嫌いな私は観て聴いた方が分りやすい。
地域によって、ディジュリドゥの名前も違ったり、
演奏方法も違う。
しかし、トラディショナルがここまで吹くようになるには、
どれだけの年月を費やして、
どれだけのオーストラリアを渡航しただろうか。
前半の約1時間は、あっという間に終わった。

後半はちょっと難しい『土地権と人権』だった。
今のアボリジニの現状、就職率、差別、犯罪、etc...
様々な問題があるのは、前に本を読んで知っていたから、
ある程度の知識はあったけれど、現実に見せられると〜
「やっぱりなぁ〜」と実感。
国立民族博物館の友永雄吾氏による講演は、ん〜〜〜
途中、記憶喪失にあったものの、
っていうか、前半の筏を漕いでいるリズムが私の頭の中を過り、
横揺れ縦揺れありました。スイマセン。
結局、最後は彼が伝えたかった事も、
正直、Blogを書いている私には注意すべき点だった。
写真や映像は何処までが個人の権利になるのか。
勝手に載せられて、勝手に書かれて...
時々、個人的なBlogに写真を載せているので〜
ちょっと心が痛かった。
改心せねば。

毎回LoopRootsのワークショップは非常に勉強になる。
今回写真や映像は、彼ら本人にどういった講習をするのか確認した上で行い、
それらの資料は彼らの元に戻っているらしい。
それだけ、確かな情報が身に付いて帰宅でした。
もの凄く貴重な体験だった。

それにしてもシチリア帰りの私にはいいリハビリになりました(^^)v
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-20 22:04 | Workshop | Comments(0)

HITOさんワークショップ

20時からのワークショップ。
今回で何回目なのかな?
4回目くらい。
10日間くらいちぃちゃんを吹いていなかったので、
自信がなかったのですが、
音がかなり良くなってきたと言われました。

まず、適当に音を出す。
その後、声を出す。
dupをやりたい事を伝えると、
それに対してのコメント、練習をするが、
やはり出来ない。

地味な作業だけれど、
ディジュを吹かないで、口だけでやってみる事が大切だ
と言われた。
普段からでもそれをやり続ける。
トラディショナルは一番それがいいらしい。

1.リラックスする。
2.口を押し付けず、軽くあてる。
3.口で話すように...普段から出し続ける。
4.一つ一つの音を確認しながら意識する。
5.失敗した音も実は使えるので、覚えておこう。

まぁ今夜の内容をまとめれば、そんな事。
どんなWSを受けても、同じような事を言われる。
『喋るように。溜め息くらいの空気の量。』
イコール、アバロンで習うトゥプトルゥ〜に繋がるのである。
結局はそこなんだ。

それでもまだまだいろんなリズムや音があるので、
コンテンポラリーのワークショップも続けていこう。
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-18 23:00 | Workshop | Comments(0)

226日目

今日も音がすぐに出た。
トゥプトロォ〜をずっと吹き続けた。
しかし、未だに先生の音とは違う。
声と音と平行して、だいぶ声っぽくなったものの、
それでも音が違う。
一つ一つ音を確認しながら吹かなければならないのに、
だらだらと時間だけが過ぎる。
magoで10分。
ちぃちゃんで5分。

明日はHITOさんのワークショップ。
今回はリハビリという事でお願いした。
久しぶりにちぃちゃんを持って、ブイブイしてきます!
[PR]
by Mago-ma | 2007-10-17 08:00 | Comments(2)