526日目

d0099739_9215576.jpg
そろそろ外吹きは出来なさそう。
ちょっと寒くなってきました。
だから、なかなか楽器が温まらないので、
今日もあまり調子良く練習出来ませんでした。

どうも先日のレッスンで音が抜けていないが、
気になってしまいます。
magoちゃんを連れて40分。
声もダブルブレスも基本も全て初めに戻ったかのような
感じで思うような音が出なかったです。
発散出来ないまま帰宅。
次からは室内で練習するようにしょうと思う。
それまで体を鍛えなきゃな。
[PR]
by mago-ma | 2010-11-28 09:20 | Comments(0)

AVALON レッスン(30)

今日はTreちゃんを連れてレッスン。
先週の祝日に、Treちゃんはなかなか上手く出来なかった。
勿論、それは私の練習不足からきているのだが、
ちょっとその心配もあって、レッスンも初めは上手く音が出なかった。
20分ほど吹いていると、だんだん音が通って思うようになって来た。
しかし、まだまだディジュからの音が抜けていないようだ。
それは声も同じで、基本は自分の声がお腹から出ていない事だった。
どうも胸あたりから声を出しているようです。
普段からお腹から声を出すような訓練をしょうと思う。
また、朝5分早く起きて出来る方法も教わったので、
それを実行しょうと思う。

ダブルブレス。
前回、勘違いしていたようで、
それでずっと練習していたので、
変な癖がついてしまった。
元に戻すのに大変だった。
今だ変な癖になって、出来なくなっていた。
週末の練習は、ダブルブレスの練習と、
声が抜けるような練習をしょうと思う。

声が抜ける練習の一つで、
走った後、「はぁーはぁー」と出している感じ。
また、吐いたときのような感じ。の二つがあった。
これは一つの例として取り上げていたが、
お酒を飲む私にとっては、後者の”吐く”感じの方が上手く出来るので、
それをイメージして練習しょう。

下のcafeがなくなって、帰りが少し寂しかった。
1月中旬に食堂がオープンするらしいので、
楽しみにしたいと思います。
[PR]
by mago-ma | 2010-11-26 19:30 | Workshop | Comments(0)

AVALON Cafe

大阪大正区にある『AVALON Cafe』が、本日で閉店いたします。

トラディショナルのレッスンを2階でやってから、
1階のCafeで飲んだり食べたり、話したり、音楽聞いたりと、
私にとってとても居心地の良いスペースでした。
なかなかマニアックな話も出来ないし、
ここで出会った方もたくさんいました。

今日は最終日。
ライブが行われるでしょう。
私は昨夜、行って来て、今夜は行けないけれど、
またきっとこの人達と会えるだろうと、
寂しいけれど、何か違う楽しみも湧いてきました。

一つの事が終わるけれど、
きっと何か新しい形で、それぞれお会い出来る事を信じて。

ありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
by mago-ma | 2010-11-23 09:30 | Comments(2)

525日目

10日以上ぶりに公園で練習。
まずは、歓迎か、恐怖かの鳩のお出迎え。
d0099739_984040.jpg
そして、今日はTreちゃんを持って行った。
これも久しぶり。
d0099739_991899.jpg
さすがに10日以上もあけると、体がかなり硬くなり、息も浅い。
よって、最初のドローンだけでもかなり下手になっていた。
循環も綺麗にいかず。
また一からやり直しって感じ。
原因はもちろん練習不足でもあるけれど、
このところのお酒の量が増えて、体重が増えた事と、
腹筋を使っていないので、音にも力が入らない。
ディジュの音は正直だ。

45分練習して、かなり満足いかずに終了。
週末のレッスンにかなり響くと思う。

途中、警察官2名が通ったけれど、
職質はされなかったので、変な人とは思われてないと安心した。
[PR]
by mago-ma | 2010-11-23 09:00 | Comments(2)

昨日に引き続き、アボリジニに関するお勉強ワークショップ。

毎年この時期に1度行っているEarth Tubeのワークショップ。
このところ、なかなか行けなかったのですが、
久しぶりに行けそうな場所だったので参加してきました。

『オーストラリアのアボリジナル居住地より中継』では、生中継で生活の様子が10分ほど
語られました。アボリジニの人達が画面の前でワイワイ!
亀の採り方を教えてくれました。シンプルで面白い。

『Loop Roots』の演奏は、さすがです。
今回は正装して、4人がスーツと帽子。
で、演奏はトラディショナルで、ディジュリドゥ1本。ソングマン。スティックと、
歌の意味も最初に説明して演奏。
最後はサラウンド方式の会場だったので、それを生かした曲で作ったそうです。
音が会場をグルグル回っていました。
やはり、私はこういうシンプルなスタイルが一番好きだなぁと思いました。

『矢中鷹光&HIDE190C.T.M』
白塗りで踊る方は即興の曲に合わせてゆっくり、
ゆったり時に激しく踊っていました。
HIDEさんはディジュリドゥやトロンボーンを演奏。
20年以上ディジュリドゥの伝統音楽を学び続けて来た方。
しっかりしたディジュの音に惹かれました。
矢中さんは、「ボイスフルート」「リマ」という独自で開発した楽器で
演奏されていました。

『Eurasian Rung』
ディジュリドゥとギター、パーカッションの3ピース。
ディジュの音が硬くてしっかりしていて、
これまた惹かれてしまった。
お互いの音を邪魔せず、いい音関係での
演奏は良かったです。

今回も、ここのワークは本当に勉強になるし、
トラッドが好きだと実感出来ました。
感謝感謝です。
また彼らのワークショップがあれば、絶対参加したいです。

d0099739_17205138.jpg

[PR]
by mago-ma | 2010-11-20 17:00 | Workshop | Comments(0)

OTOna ART企画で、
神戸でWULANGが演奏するので、行ってきました。
20時からなのに、勘違いして20分遅れて到着。

そろり〜っと入ったら、
すでに三上さんのお話が始まっていましたが、
ぎりぎり西アーネムランドから聞けました。
写真と動画を見ながらのお話は面白かったです。
ダリル氏の写真もしっかり。
そして、北東のアーネムランドの話も。
食べ物のお話や、イダキの作り方も聞けました。
そして、アートの話。
200枚のアートをバックに映しながら、説明。
矢印みたいなのが、鶴の足跡だとか、
Uの字が人という意味、丸は大切な場所だったり、お水がある場所。
くねくねうねっているのは、川。
X線画法や、ドット、クロスなどの技法も教えてくれました。

最後は演奏。
いつものように心地よく、ディジュの音はそれでも一音一音がしっかりして、
登場人物も目に浮かぶ感じ。
演奏を終えてから、来ていた人全員に背中からディジュリドゥの音をじかに感じ、
皆、幸せそうな笑顔でした。
ブーメランも飛ばして遊んだり...

偶然、友達の友達がいて、驚きました。
違う所で繋がっていて縁も感じたイベントでした。

映像はこちら。

d0099739_17185287.jpg

[PR]
by mago-ma | 2010-11-19 23:00 | Workshop | Comments(0)

524日目

そんなわけで、ただいまです。
無事帰国しました。
今回は、こんな場所で吹いてきました。
d0099739_1635793.jpg
お供のクリリンちゃんです。
ここは、ローマとフィレンツェの間くらいにあるグロセットという小さな街。
そこから車で20分くらいにあるアグリトゥーリズモ。
ここで2泊して、練習しました。
遠くで羊の鳴く声が聞こえたり、周りは静かだったので、
とても気持ちが良かったです。

あと1日は他のアグリトゥーリズモで吹きました。
友達の義弟のMarcoさんが音楽が好きで、
ディジュの事も知っていて、
クリリンを見せたら、とても驚いて感動していました。
どうやら、イタリアでもディジュリドゥは流行っているようです。

下手な私でも、人前で吹いて感動してもらえるのは
嬉しい事ですね(^^)
彼の3歳の娘も踊ってくれました。
「吹いてみる?」というと、すぐに吹けてました。
子供って凄い。

そんなのんびりしたクリリンとのイタリア旅行でした。
[PR]
by mago-ma | 2010-11-10 16:00 | Comments(2)