<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

AVALON レッスン(39)

今日はTreちゃんを持って行った。
リズムをちょっと練習出来るかなって思って。

で、もう最終段階ではないけれど、
一番の大きな壁にぶつかった。
とうとうこの日が来たのか。

一番苦手な自己表現。
教えられた事が出来るけれど、
これから壁を越えて、歌えるような演奏をしなければならない。
頭が固いせいで、これがなかなか出来ない。
ボイストレーニングをお勧めされたけれど、
そんなお金もなく...

自分の壁を壊す事が今の課題。
一番難しい課題である。
[PR]
by mago-ma | 2011-08-19 20:00 | Workshop | Comments(8)

548日目

夏休みに自宅で練習したのと、実家に持って帰って練習した。
まぁ続ける事が大切。

さて、このblog。
ディジュリドゥやっている人が読んでいるのかと思ったら、
全くやっていない人もいる事、判明。
もう一度、ちょっと説明入れてみる。

ディジュリドゥの説明をwikiから。
色の変わった場所をポチッとクリックして下さい。
一応、ディジュリドゥは英語名で、イダキやマーゴ、カンビと
アボリジニ人が住む場所で名前が変わったり、
リズムも変わったりしている。
因に私はオーストラリアの西アーネムランドのマーゴをやっている。

そんな所かな。説明は。
私の写真のアップするmagoちゃん、dueちゃん、Treちゃんはマーゴである。
ジャルジャル君はイダキである。
ちぃちゃんとクリリンはインドネシア産。

まぁ、この楽器をやっていないと全く何の事やら
わからないblogだと思います。

他、神戸王子公園駅すぐのイタリアンBuci boccheno
映画を観た時の感想CINEMA!CINEMA!もやっているので、
ディジュリドゥの事がよく分からない方は、
平行してお楽しみください。
[PR]
by mago-ma | 2011-08-16 19:53 | Comments(0)

GOMA@PINE BROOKLYN

d0099739_7272944.jpg
3年ぶりの大阪でのソロライブ。
昨年夏、東京で行われた記憶展
あの時は、GOMAさん一人、ポツンと違う世界にまだいた感じがしていたが、
今回は『生きてここにいる!』という"存在"があった。

18時開場、スタート19時。
スタートまでの間、彼の絵を見ていた。
会場に入るとアクリルの香りがプ〜ンとし、
早めに会場に来たのでまだ誰もいない会場を見回り、
大きな絵から小さな絵まで全てが、
優しいオーラに包まれていたのは変わらなかった。
1年前に比べて、金色や銀色が入っていたり、前よりも色の使い方が多くなった気がした。
前回、購入した絵は今もリビングで光を放ち、吸い込まれそうになる。
d0099739_737206.jpg
そして、また彼の絵を購入してしまった。
展示が終わると手元に届くと思うけれど...

さて、19時からDVD上映『密林大陸』が1時間。
これは事故前から撮っていた彼の記憶。
1998年オーストラリア。バスキングの映像やロンドンでのライブ。
彼の10年間の記録が納められている。
この映像が仕上がる前に事故に遭い、
彼にとっては貴重な記録映像になっていると思う。
21時からソロライブ。
私は彼のソロが何よりも好き。
ディジュリドゥ奏者はそれぞれその音とリズムがあり、
どの方も好きなのだが、彼の場合は特別思い入れがあって、
好きを通り越して崇拝している。30分聞き入る。
集中して聞きたかったが、横でカメラマンのシャッターの音が気になって、
集中出来ず(-_-;
それでも耳を傾けて3年ぶりの彼の音を体で感じる事が出来た。
終わりにGOMAさんから「また大阪で出来ると思わなかった」
「もう忘れられているんではないかと不安だった」と涙した。
本当に苦しい事故とリハビリ。この2年間の記憶も残る確率は少ないという。
それでも生きている事を感動し、一緒に共感出来る事を喜べる。
絵とライブを感動出来、その場にいれた事がとても嬉しかった。

新しいアルバムが9月に。そしてワンマンライブが大阪で10月に行われる。
[PR]
by mago-ma | 2011-08-06 22:00 | Live | Comments(0)